Handmade Beads accessory & Lesson
絵本の時間
DSC_0714[1]

休日に、いっぱいになった本棚の整理をし始めたら、
昔、子供たちに読んであげた絵本がたくさん出てきました。

この絵本は、島田ゆかさんの「バムとケロ」シリーズ。
バムとケロとその仲間たちが楽しくて可愛くて、
私達親子が大好きなおすすめの本です。

私は子供たちに絵本を読んであげるのが大好きでした。

寝る前に「ひとり一冊ずつだよ」と決めていたので、
子供たち二人は、好きな本を嬉しそうに持ってきて
まくら元の私の両脇にくっついて、わくわくしながら
お話が始まるのを待っていたっけ。

時に悲しいお話のラストでは、
思わず声をつまらせた私の横で一緒になって泣いてしまったり、

楽しいお話では(待ってました~と)あきもせず同じページで
大笑いしたり・・・

今思えばこの時間は私にとって、とても幸せな時間でした。

私の母も、兄と私にきっと同じ気持ちで本を読んでくれていたんだろう。
昔から大好きだった、おさるのジョージ、ぐりとぐら、だるまちゃん、しろくまちゃん、
ちいさいももちゃんやマドレーヌ・・・
「からすのパンやさん」では、からすたちが作ったパンのページをいつまでも見ていたっけ。
モーリス・センダックのかいじゅうたちは、本当に恐ろしかったのに、何故か好きで、
今でも大切に持っています。

子供たちは成長して、いつの頃か自分でどんどん長い物語を読むようになり
私が読み聞かせることもなくなってしまいましたけど、
子供たちの心に、母との絵本の時間が温かい記憶として残ってくれると嬉しいです。

・・・そんな訳で
我が家にある思い出の絵本たちは、処分できるはずもなく、
また大切にしまわれたのでした。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ateliersnowflake

Author:ateliersnowflake
新潟県上越市でコスチュームジュエリーのデザイン・制作・インストラクターをしています。
大好きな「ものづくり」や「お気に入り」など、日々の暮らしを綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード